やたわか通信・コラム

やたわか通信・コラム

【月刊】

2021年11月号

新内閣誕生から衆議院解散、総選挙の中で重点政策を訴える

新内閣誕生から衆議院解散、総選挙の中で重点政策を訴える

9月末に行われた自民党総裁選挙の結果と菅内閣の総辞職に伴い、10月4日、第205回臨時国会が召集され、同日には岸田新内閣が発足しました。しかし、任期満了を目前に控える中で会期末の14日には衆議院が解散され、19日公示、31日投開票の衆議院選挙に突入することとなりました。

今回の選挙では、今後の新型コロナウイルス対策や経済政策などが主な争点となることから、矢田議員は「積極財政」への転換で給料の上がる経済の実現などの政策を訴え、選挙戦に臨む全国の仲間の応援に駆け巡りました。

PDFダウンロード

≪ 前の記事 次の記事 ≫