活動報告

活動報告

国民民主党 党員・サポーター募集のお知らせ

国民民主党 党員・サポーター募集のお知らせ
▼続きを読む

 新・国民民主党では、党員・サポーターを募集しています。11月5日(木)までにお申し込みをいただければ、12月の党代表選挙に投票できます。皆さまのご支援で新・国民民主党を育てていただければと存じます。
 ぜひご登録をお願い申し上げます。下記の募集要項をご確認の上、登録フォーマットにてお申込みください。

 登録フォーマットはこちらから ↓ ↓ ↓

https://forms.gle/wDtaWynVML5zHHYi7

20201024131247.png

質問レク、航空連合・生保労連との意見交換

質問レク、航空連合・生保労連との意見交換
▼続きを読む

 10月6日(火)、本日は午後から10月8日の内閣委員会に向け、各省庁と事前の質問レクを行いました。 質疑では、コロナ禍で雇用環境が悪化しており失業者が1万人を超えたこと、特に非正規社員の多い女性雇用に大きな影響が出ていることを踏まえ、新型コロナウイルス対策関連の問題を取り上げます。あわせて、日本学術会議の会員任命拒否問題についても質問します。インターネットで配信・録画されますので、こちらからぜひご覧ください。

<参議院 内閣委員会>

 日程:2020年10月8日(木)

 時間:12:10~12:30(20分)

 内容(予定):

  ○日本学術会議の会員任命拒否問題について

  ○新型コロナウイルス感染症による女性の雇用・生活問題について

  ○GOTOキャンペーンの見直しについて

  ○コロナ禍における経済政策について

 また、航空連合の島会長、内藤事務局長、宮本副事務局長、生保労連の水澤中央副執行委員長がそれぞれ事務所に来訪され、コロナ下における各産業の状況や課題、求められる対策について、意見交換させていただきました。いただいたご意見・ご要望を対策へ反映できるよう頑張っていきたいと思います。

20201006201843.jpg

20201006201637.jpg

20201006201700.jpg

パナソニックオートモーティブシステムズ労働組合執行委員研修会、西奥羽地協定期大会

パナソニックオートモーティブシステムズ労働組合執行委員研修会、西奥羽地協定期大会
▼続きを読む


 10月3日(土)、本日は静かな議員会館より、パナソニックオートモーティブシステムズ労働組合(PAS労組)の執行委員研修会へお邪魔し、国政報告をさせていただきました。報告の中では、先の通常国会において新型コロナウイルス対策に関し私が政府に提案し、実現してきたことや今後の経済・雇用に関する課題等についてお話し致しました。30分という時間で、なかなか話し足りない部分もありましたが、ぜひ国政を身近に感じていただければと思います。
 その後、西奥羽地協第15回定期大会にて、山形県と秋田県からリモートで参集されている皆さんへご挨拶させていただきました。柿崎議長からは、私と国民民主党へあたたかいエールをいただき、誠にありがとうございます。

 これからも皆さんのご期待に応えるべく、がんばっていきたいと思いますので、引き続きのご支援をよろしくお願い致します。

 ところで、昨日の男女共同参画推進本部会議の内容について、私が解説している動画を国民民主党Twitterで公開しました。こちらよりご覧下さい。

20201003152257.jpg

20201003152332.jpg

20201003152400.jpg

20201003152459.jpg


 

第2回政務調査会、第1回男女共同参画推進本部会議ほか

第2回政務調査会、第1回男女共同参画推進本部会議ほか
▼続きを読む

 10月2日(金)、昨日に引き続いて、国民民主党の第2回政務調査会・第1回経済調査会が開催されました。本日は、大塚耕平経済調査会長より、経済財政政策について問題提起がなされ、相互に意見交換を行いました。

 その後、第1回男女共同参画推進本部会議にて、新型コロナウイルス感染の女性の雇用と生活に与える影響の実態、ならびに同課題に関する政府の研究会の設置について、内閣府担当者より報告を受けました。意見交換の中では、女性の自殺増加については要因分析をし早急に対策を講ずべきこと、政府は研究会の結論を待つことなく研究会の検討状況を踏まえて一定の方針を出し、スピード感をもって対策にあたるべきこと、などが指摘されました。このような問題状況を受け、党としては今後、短期的に解決を要する課題に優先的に取り組み、諸団体と連携しながら活動を進めていくこととしました。

 上記会議後には、連合東京から傍聴に来られた3人の方々と、直近の雇用情勢等について意見交換を行いました。

 さらに午後からは、コニカミノルタ労働組合の結城委員長、志澤副委員長から、現下の経営・事業状況等について、ご説明をいただきました。その後、経済産業省内閣官房のご担当者、パナソニック株式会社渉外部ご担当者とも、ご挨拶をあわせ、意見交換を行いました。

20201002202137.jpg

20201002202231.jpg

20201002202344.jpg

20201002201439.jpg

20201002201603.jpg

20201002201617.jpg

20201002201651.jpg

党の政策協議が本格化

党の政策協議が本格化
▼続きを読む

 国民民主党の第1回政務調査会の総会が開催されました。この会議では、玉木代表が9月15日の党の設立大会で発表した「新・国民民主党は何をめざすのか」について、代表より具体的な説明が行われ、その後、意見交換をしました。

 主な意見として、今後の国政選挙において、国民民主党としての特徴を出すために、①コロナ対策のための思い切った財政支出、②低所得者・中間層に焦点をあてた税制改革、③東京一極集中是正と地方分権の推進、④科学技術と産業振興とそのための人づくりの推進、⑤食料安全保障を含む国家戦略の構築と日米同盟の維持・強化、⑥高齢者対策と若年者対策の強化、⑦伝統的なものを尊重したジャパン・バリューの形成、⑧在宅住宅政策の社会保障制度の位置づけなどが出されました。今後も、政務調査会の中で議論を深めていくことが確認されました。

 引き続き、第1回「子ども・子育て・若者政策調査会」が開催され、内閣府と厚生労働省より、政府の「待機児童ゼロ目標に向けたスケジュール」について説明を受け、意見交換しました。

政府の説明では、待機児童数が減少し、今年度末には解消するという方針でしたが、私からは、以前から問題視していた「待機児童の定義」について何らかの改善をしたのかどうかを問いました。とくに、保育園に入れずやむなく育児休業を継続している場合などは実質的に待機児童としてカウントすべきですが、厚労省は平成29年4月の定義をそのまま使っており、その運用は自治体に任せているという説明でした。隠れ待機児童の問題が解消されない限、待機児童問題そのものが解消されないのであり、今後この問題を含め、子育て支援対策に尽力していきたいと思います。

玉木代表プレゼン資料「新・国民民主党は何をめざすのか」.pdf

 午後からは大阪へ移動し、連合大阪を訪問。田中会長、井尻事務局長にお会いし、新・国民民主党結成後の活動状況等についてご報告させていただいた後、大阪における政治状況について意見交換させていただきました。続いて出身組織であるパナソニックグループ労連を訪問。党の活動状況について説明の後、大阪における党勢拡大等の課題について論議させていただきました。また、パナソニックグループ労連では、来年1月施行の大阪府茨木市議会議員選挙に立候補予定の大谷純さん(電機連合大阪地協公認)にお会いし、激励させていただきました。明日も朝から党の会議が続きます。夕刻、大阪を離れ東京への帰途に就きました。

20201001172659.jpg

20201001172758.jpg

20201001173903.jpg

20201001174014.jpg

20201001174637.jpg

20201001192801.jpg

20201001193803.jpg

20201001193839.jpg

20201001193916.jpg

20201001194100.jpg

両院議員総会、電機連合政治アカデミー、「女性議員を本気で増やしてください!」署名キャンペーン

両院議員総会、電機連合政治アカデミー、「女性議員を本気で増やしてください!」署名キャンペーン
▼続きを読む

 9月30日(水)、本日は、定例の両院議員総会が開催され、党員・サポーターの取り組みの検討や次期衆議院議員選挙公認候補の確認などを行いました。その後、次期衆院選に向けて山尾しおり衆議院議員とともに、連合東京の杉浦会長、内村会長代行、斉藤事務所局長、二木副事務局長へご挨拶にお伺いしました。

 午後からは、電機連合政治アカデミーにおいて、新任の政治担当の皆さん約30人に、「国会では何をやっているのか」「なぜ政治が重要なのか」などについてお話しました。政治アカデミーは年4回に分けた連続講座で、次回は国会見学とのことです。ぜひ委員会の傍聴もしてもらって、国会でどのような審議が行われているか知っていただければと思います。

 夕方には、各政党に「女性議員を本気で増やしてください!」署名キャンペーンを行っているパリテ・キャンペーン実行委員会と一般社団法人Voice Up Japanの皆さんより、玉木代表に署名2万筆とともに要望書をいただきました。国民民主党は女性議員比率が3分の1と他の政党よりも高く、男女共同参画社会の推進を政策の柱の一つとして掲げています。現在、超党派の女性参画促進議連では、女性議員比率向上に向けた法改正のための議論を行っており、私はこの課題の実現に向けて、これからもしっかり取り組んでいきたいと思います。

20200930200054.jpg

20200930200115.jpg

20200930200445.jpg

20200930200540.jpg

20200930200158.jpg

20200930200351.jpg

20200930200718.jpg

20200930200736.jpg

20200930200756.jpg

≪ 前 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

月次アーカイブ

ページの一番上に移動します