活動報告

活動報告

「新・国民民主党」への入党について

▼続きを読む

参議院議員 矢田わか子

 国民民主党と立憲民主党との合流問題に関し、9月4日に合流新党には入党しないことを決断しました。その後、支援組織と相談させていただき、本日、現在所属している国民民主党の政治的スタンスや基本政策を受け継ぐ「新・国民民主党(仮称)」に入党することを決断しました。あらためまして、合流新党への入党見送りと「新・国民民主党」の入党に関し、その理由と今後の決意を以下のとおり申し上げますので、ご理解を賜りますようお願い致します。

1、党の「綱領」や「基本政策」について

 今回、合流新党の協議過程で示された「綱領案」は、民進党から国民民主党に受け継がれた政党としての基本的スタンスや基本政策が生かされておらず、以降の修正要望に対する関係者のご努力もありましたが、課題を残したまま両党は合流する結果となりました。そのことから、従来からの政治活動の継続と職場の声の反映が困難になると判断し、最終的に合流新党への入党を見送ることとしました。一方で、国民民主党の綱領・政治姿勢・基本政策を踏襲する「新・国民民主党」を今後の活動拠点と致しました。

2、野党としての国会活動のスタンスについて

 国会議員の日常活動では、勤労国民の皆様の要望や想いをいかに実現していくかが主な任務になります。当選後、一貫して働く皆様に寄り添うとともに、労働組合の枠を越えた多くの方々とも連携しながら様々な政策を実現するための国会活動を進めてまいりました。そして、この間、野党が政策を実現していくには、与党の議員や中央官庁の官僚を動かせるような現実性・実効性をもった政策を提案していくことが重要であると学びました。この視点から、私の当面の活動の場を、「改革中道」路線を引き継ぐ「新・国民民主党」に致しました。

3、参議院比例区議員としての立場について

 4年前の参議院議員選挙で、民進党の比例区で当選させていただきましたが、この背景には「矢田個人名」で投票された方々以外に、「政党名」で多くの皆様に投票いただきました。投票された皆様は、民進党の政治理念、基本政策を支持されたわけですが、基本的に、比例区で選出された議員は政党の離散集合があったとしても、支持者の思いから外れる政党に属したり、無所属で活動することは道義的に避けるべきだと考えます。比例区選出議員は、可能な限り、当初選出された政党の延長線上で活動すべきであり、今回、私は、民主党・民進党からの政治理念と基本政策を受け継ぐ「新・国民民主党」に入党することを決意しました。

最後に

 以上、3点について、「新・国民民主党」入党の理由を述べさせていただきましたが、これは、国民の選択肢となりうる大きな塊づくりを否定するものではなく、それぞれの政治集団が当面は切磋琢磨して政権担当能力を向上させ、いずれ大同団結するための醸成づくりの段階として理解いただければと考えます。また、電機連合の諸先輩が連合結成に中心的役割を担われたという歴史的経緯を踏まえ、連合やものづくり産業の労働組合とも引き続き連携し、労働組合の政策の実現に全力で取り組むことをお誓いします。

合流新党への入党を見送りとする決断について

▼続きを読む

矢田わか子

 7月15日に、国民民主党に対し、立憲民主党から政党合流の申し入れが行われ、その後、両党間で協議が実施されてきました。その協議結果を受け、国民民主党は、8月19日に両院議員総会を開催し、両党間で調整・策定された合流新党の「綱領案」、「代表選出規約案」等を了承し、解党を決定しました。

 しかし、残念ながら、この「綱領案」は、政党としての行動基準や国家像、あるいは具体政策等においていくつか調整課題が残っており、また、合流新党の組織運営や国会対策において、これまで私たちが大事にしてきた価値観が共有できるのかどうか、その確証を得られるものとはなっていませんでした。

 今回、新党への参加・不参加を表明する期限に至るまで、これまで行動を共にしてきた民間産別出身国会議員が、それぞれの組織代表者の方々と協議を重ねてきましたが、新党への参加は厳しいものがあるとの共通認識に至りました。

 また、ご支援をいただいている皆様ともご相談する中で、

①4年前の参議院選挙において、民進党の「改革中道」路線や理念・政策に賛同されて私に投票していただいた方々のご意思

②民進党から「提案型の現実路線を歩む国民民主党」への移行に際しても応援していただいた電機連合の皆様のお気持ち

ーなどを考えますと、私の政治信条や政策を合流新党において具体化することは現時点で困難と判断し、今回の合流については見送るという判断をしました。

 現在、解党・合流を巡る手続きが進められていますが、今後につきましては、「勤労者・消費者・納税者」の権利を守り、ものづくり産業の維持発展、男女共同参画社会の構築などを実現できる政治活動の足場をどこに置くべきかを見極め、支援者の皆様とご相談しながら対応していきたいと思います。

 私のこの決断に対して何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げますとともに、引き続きのご支援、ご鞭撻を心よりお願い申し上げます。

選挙応援で大阪へ

選挙応援で大阪へ
▼続きを読む

 8月17日(月)は大阪へ移動、箕面市議会議員選挙「高橋りょうま」候補(国民民主党公認)を応援してまいりました。後援会事務所を訪問し、スタッフの皆さんを激励した後、箕面市内を街宣車で廻り、高橋候補を力の限りアピールさせていただきました。子育て支援や教育・福祉の充実、安心・安全な街づくりをめざして、「高橋りょうま」候補は猛暑の中、全力で選挙戦を戦っています。市民の皆様には、箕面市の未来を若い「高橋りょうま」候補に託していただきますよう心よりお願い申し上げます。

20200818094701.jpg

20200818094757.jpg

20200817203620.jpg

「選択的夫婦別姓制度実現」リモート会議

「選択的夫婦別姓制度実現」リモート会議
▼続きを読む

 本日は、国民民主党茨城県連主催の男女共同参画社会の推進に関する「選択的夫婦別姓制度実現」にむけてリモート会議に出席いたしました。講師は、上智大学教授でパリテアカデミー代表でもある三浦まり先生、また選択的夫婦別姓全国陳情アクション事務局長の井田奈穂さん、選択的夫婦別姓を推進する会の方々、そして私も講師としてお話をさせていただきました。

 国際的にみても法律で同姓制度を義務付けているのは、日本だけであります。党としての方針や考え方、また自身の国会質疑での経緯などをお話させていただいた後、国政だけが動くのではなく各地方でも認知を広める必要がある等、幅広い意見交換がなされました。

 最後に、党を超えて法制化にむけた更なる取り組みを続けていくことを、皆さんで共有いたしました。

20200808185811.jpg

20200808185841.jpeg

20200808185922.jpg

20200808185958.jpg

20200808190210.jpeg

新型コロナ合同対策本部会議、コロナ後の社会像に関する政策意見交換

新型コロナ合同対策本部会議、コロナ後の社会像に関する政策意見交換
▼続きを読む

 8月7日(金)、共同会派新型コロナ合同対策本部会議が開催されました。検疫体制や新型コロナ関連予算の執行のあり方について質問を行いました。

 午後には、電機連合産業社会政策部長の浦中執、政治センターの秋中執とコロナ後の社会像に関する政策の意見交換を行いました。

20200807185536.jpg

20200807185606.jpg

20200807185653.jpg

政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟ワーキングチーム

政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟ワーキングチーム
▼続きを読む

 8月5日(水)夜には、超党派の「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の法改正に向けたワーキングチームのWeb会議に参加しました。参議院法制局にも参加いただき、関連法制の改正に向けた議論を行いました。今後、各党で課題を共有しながら、検討を進めていきたいと思います。

20200806104721.jpg

新型コロナウイルス対策本部総会、マイナンバーPT、視察ほか

新型コロナウイルス対策本部総会、マイナンバーPT、視察ほか
▼続きを読む

 8月5日(水)、国民民主党「新型コロナウイルス対策本部総会」に出席し、関係省庁へ感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)や雇用調整助成金に関する現下の課題を伝え、改善を求めました。

 その後、国民民主党「男女共同参画推進本部」にて、「第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的考え方(素案)」について関係省庁より説明を受けました。各地の地方議員にも、リモートで参加し、質疑応答にも加わっていただきました。

 さらに、マイナンバー制度のあり方やマイナンバーカードの普及策などを検討する党の「マイナンバーPT」では、民主党政権時代に、この制度の立案に関わってこられた弁護士の水町雅子氏より、「国民にとって真に役立つマイナンバーへと改善するために」と題する講演をしていただきました。水町氏は、①国民にとってメリットがあり、役立つサービスの用意、②公務員の仕事の負荷を軽減する仕組み、③企業にとっても業務の円滑化やコスト削減に資する仕組みーーなどを考慮する必要があると強調されました。

 新しく開発された介護用調理器具「デリソフター」の視察を行いました。誤嚥(ごえん)を起こしやすい高齢者の方々に、流動食ではなく、本来の固形の料理を楽しんでもらうことを目的に開発された調理器具がこのほど発売されました。さまざまな料理が形や味はそのままに、口の中に入れると舌と上顎だけでホロホロと崩れます。

 この調理器具の企画・開発を担当されたのが、私のかつての労働組合の同僚であった水野時枝(ギフモ株式会社所属)さん!本日は国民民主党の先輩議員の皆さんとともに、この器具の開発経過を説明を受け、またその機能・使い方についての実演をしていただきました。
 この調理器具は、在宅介護をされている介護者や介護施設のみならず、歯科医院などからも引き合いがあり、今後、量産体制をめざすということでした。水野さんは、さらに関連するケア商品の開発に取り組むということで、引き続き、応援していきたいと思います。

20200805202002.jpg

20200805204228.jpg

20200805204438.jpg

20200805204729.jpg

20200805204615.jpg

20200805204822.jpg

20200805204844.jpg

≪ 前 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月次アーカイブ

ページの一番上に移動します