活動報告

活動報告

内閣委員会、兵庫県明石市泉市長来訪 ほか

内閣委員会、兵庫県明石市泉市長来訪 ほか
▼続きを読む

 5月25日(火)朝は党の政調部会に出席。本日は地方自治法の一部改正案、中小事業主労災等共済事業法案等について説明を受けました。

 その後、内閣委員会が開催され「障害者差別解消推進法改正案」に関する趣旨説明が行われました。改正案では、従来行政機関に対して義務化されていた「社会的障壁除去のための合理的配慮」を、民間事業者に対しても義務化(従来は努力義務)することなどを骨子としています。障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現を目的とする本法の趣旨を踏まえ、私も明後日の内閣委員会で具体的な質疑に臨んで参ります。 

 午後は党の農林水産調査会に出席、次期衆院選に向けた公約に関する政策についての協議が行われました。

 夕刻はパナソニックAP関連協議会から国政報告の機会をいただきました。関連協構成組織7組合の200名の皆さんとオンラインで繋がり、意見交換をさせていただきました。新型コロナ対策におけるワクチン接種の現状と課題や、デジタル社会における情報弱者の問題など、多くのご質問ご意見をいただくことができました。皆さんの声をしっかりと受け止め、国会活動に反映して参ります。ありがとうございました。

 また、本日は健保連大阪連合会の皆さんがお越しになり、健康保険組合の最近の財政状況や課題について意見交換をさせていただきました。続いて兵庫県明石市泉市長がお越しになり、同市の先進的な子ども・子育て政策について意見交換をさせていただきました。併せて泉市長の課題提起から国民民主党として取り組みを進めてきた「子どものための養育費の確保に関する法案」が、先般、参議院に提出できたことをご報告いたしました。

<お知らせ>

 5月26日(水)の参議院憲法審査会にて質疑に立ちます。ぜひご覧ください。

<参議院憲法審査会>

◆日 程:2021年5月26日(水)

◆時 間:14:20~14:40(20分)

 ※時間は前後する可能性がありますので予めご了解ください。

◆内容:「日本国憲法の改正手続に関する法律の一部を改正する法律案」ほか

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓CLICK!

参議院インターネット中継(終了後の録画動画もあります)

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

20210525211704.jpg

20210525211643.jpg

20210525212350.jpg

20210525212408.jpg

20210525212431.jpg

20210525212459.jpg

党男女共同参画推進本部会議、大学教育を考えるシンポジウム ほか

党男女共同参画推進本部会議、大学教育を考えるシンポジウム ほか
▼続きを読む

 5月24日(月)国民民主党男女共同参画推進本部・子ども子育て若者政策調査会の合同会議へ出席。私からは、男女共同参画推進本部長として次期衆議院議員選挙に向けた公約について提案し、協議を行いました。

 夕刻は日本若者協議会主催の「大学教育を考えるシンポジウム」のパネルディスカッションにパネラーとして参加しました。日本若者協議会は、政策決定の場に若者の声を反映させることを目指しておられる超党派の若者団体です。パネルディスカッションでは、与野党の国会議員、有識者とともに会場の大学生やオンラインでご参加いただいた皆さんからのご意見を受けて、様々な政策論議をさせていただきました。新型コロナ感染対策でオンライン中心となっている授業の現状について、学生の皆さんからは学生同士が交流できるコミュニティの必要性を訴える声が多く聞かれました。私からは、大学教育を取り巻く課題をコロナ禍の影響による短期的なものと、大学教育そのもののあり方を考える中長期的なものに分けて考える必要があること、そして、学生・大学のそれぞれの立場のご意見を踏まえながら、国政の場でも大学教育の課題に関する論議を深めていきたいことをお伝えしました。

 また、本日は国民民主党大阪府連所属の平岩まさき貝塚市議会議員が来訪され、大阪における政治課題や党勢拡大について意見交換させていただきました。

20210524200804.jpg

20210524200839.jpg

20210524200857.jpg

20210524201824.jpg

パナソニックグループ労連三重地区懇話会、長野地協研修会における国政報告

パナソニックグループ労連三重地区懇話会、長野地協研修会における国政報告
▼続きを読む

 5月22日(土)、午前中に、パナソニックグループ労連三重地区懇話会「役員・スタッフ研修会」において、56名の組合役員の皆さんにリモートで国政報告をし、質疑応答では、PGU組織内議員で津市議会議員の吉田ひろやすさんとともに、参加者からの質問にお応えしました。私からは、組織内議員の役割として、企業労使では解決できない課題を政策につなげていくことや、コロナ対策地方創生臨時交付金の活用と課題などについてお話ししました。

 さらに、夕方からは長野地協「青年・女性全体会議」にリモートで出席し、103名の組合役員、職場委員の皆さんに国政報告をしました。参加者からは、コロナ対策支出の増大による財政のプライマリーバランス問題や東京オリンピック・パラリンピック開催の是非について質問をいただきました。

 本日はお休みの中、熱心に聞いていただきありがとうございました。引き続き皆さんの声を国会に届けていくよう頑張っていきます。

20210522183123.jpeg

20210522182846.jpeg

20210522183205.jpeg

20210522182947.jpeg

午前は本会議、午後は法案提出、オンライン国政報告が続く

午前は本会議、午後は法案提出、オンライン国政報告が続く
▼続きを読む

 5月21日(金)朝は国民民主党コロナ対策本部会議に出席。政府より①直近の感染状況、②ワクチンの承認・輸入契約・配布の状況、③コロナ感染の影響下での「低所得子育て世帯への生活支援特別給付金」支給に関わる事務費の内訳等について説明を受けました。私からは、ファイザーワクチン5千万回分の追加契約の目的、国内ワクチンの開発費の執行状況を確認させていただきました。

 その後、本会議が開催され、各法案の採決が行われました。昨日の内閣委員会で可決された「子ども・子育て支援法及び児童手当法一部改正法案」は、本会議においても与党の賛成により可決されました。同法案の審議においては、子育て世代の皆さんからいただいた多くのご意見を国会質疑の中で課題として提起してきました。今後も諦めずに今回浮き彫りになった課題の解決に向けて取り組んで参ります。とりわけ年少扶養控除の復活、子どもの人数に応じた手当の拡充、子育て政策をパッケージとして捉えた政策などを求めて参ります。

 午後は党の政調全体会議に出席後、国民民主党として「子どものための養育費の取り決めの確保に関する法案」を参議院へ提出。私も発議者の一人として参加しました。その後、円より子さん(衆議院議員選挙公認予定候補)の「女性政治スクール」でご挨拶させていただきました。

 また、本日は東京ガス労働組合渉外担当者会議、パイオニア・ヤマハ女性役員情報交換会、シャープ労働組合堺支部2020年度第3回支部委員研修会でご挨拶の機会をいただきました。計76名の皆さんとオンラインで繋がり、新型コロナ対策におけるワクチン接種に関するご質問や政府の子ども・子育て政策に対するご要望など多くのご意見をいただきました。ありがとうございました。

 

◇ご報告「ベビーシッター割引券の事業所規模別の上限--特例措置を継続」

 昨日(5月20日)、内閣委員会における「子ども子育て支援法・児童手当法改正案」

の質疑では、ベビーシッター割引券の事業所規模別の配布上限を撤廃すべきと政府に要請しましたが、本日、内閣府の「子ども・子育て本部」にフォローアップしました。その結果、次のことを確認しましたので、子育て中の組合員の皆さんもベビーシッター割引券が十分に活用できることをご承知おき下さい。

 <コロナ禍におけるベビーシッター割引券の利用要領>

●事業所の規模別配布枚数の上限は保留されます。

  労働者数が1,000人未満       1,200枚

          1,000人以上2,000人未満 2,400枚

         2,000人以上3,000人未満 3,600枚

        3,000人以上       4,800枚

●来年3月までの特例措置として1人の利用枚数が決められました。

 1ヶ月24枚まで(1日は2枚まで) 1枚=2,200円

  1年間280枚まで

20210521195011.jpg

20210521195028.jpg

20210521195044.jpg

20210612201643.jpg

20210521195158.jpg

内閣委員会「子ども・子育て支援法及び児童手当法一部改正法案」審議 ほか

内閣委員会「子ども・子育て支援法及び児童手当法一部改正法案」審議 ほか
▼続きを読む

 5月20日(木)朝は党政調部会に出席、その後内閣委員会が開催され、一昨日に続いて夕刻まで「子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部改正案」についての審議が行われました。私も40分の持ち時間の中で質疑を行い、具体的には、①少子化対策としての中間層への配慮、②政府の「新子育て安心プラン」の財源である事業主拠出金の負担増の問題、③企業主導型保育事業における監査業務の厳格化と監査の徹底、④企業主導型保育所の定員充足率の問題と設立申請時における審査の厳格化、➄ベビーシッター割引券の発行枚数の問題について、坂本少子化担当大臣に問いました。

 とりわけ①の課題については、少子化対策の基本的な政策理念が、「これから子供を産み、育てる意欲を持っておられる方々にいかに安心感を与えられるか」にあること、また、「子供を産み、育てる潜在力を持っている中間層への支援」を強化すべきであることを改めて訴えました。

 審議後、反対討論が行われ、私も陳述を行いました。残念ながら与党の賛成多数により本改正案は可決されましたが、改正法の施行にあたり適切な措置を講じるべき15の項目について、私から付帯決議として提案し可決されました。(質疑の様子は後日、Youtube「やたわかチャンネル」にアップいたします。ぜひご覧ください。)※ご参考:本日の資料 付帯決議

 委員会終了後、本日はパナソニックAP関連協議会から国政報告の機会をいただきました。関連協構成組織7組合の計169名の皆さんとオンラインで繋がり、意見交換をさせていただきました。新型コロナ対策におけるワクチン接種の課題や本日の内閣委員会でも審議した子育て支援に関する課題など、多くのご質問ご意見をいただくことができました。皆さんの声をしっかりと受け止め、国会活動に反映して参ります。ありがとうございました。

20210520215902.jpg

20210520215918.jpg

20210520215935.jpg

20210520220001.jpg

20210520220054.jpg

20210520220111.jpg

20210520220129.jpg

≪ 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月次アーカイブ

ページの一番上に移動します