活動報告

活動報告

パナソニック健保労組の皆さんが国会へ

パナソニック健保労組の皆さんが国会へ
▼続きを読む

 6月14日(金)、国対役員会、議員総会、本会議、その後、国家戦略特区問題に関する野党合同ヒアリングに出席。

 本日はパナソニック健保労組の皆さんが国会にお越しになり、国政報告をさせていただきました。これまで国会質問で取り上げた健保組合の財政問題や医療費の削減問題、今国会で何度も質疑に立っている子ども政策に関する課題認識などについて報告し意見交換を行いました。国会の現場を見ていただくことで、少しでも政治を身近に感じてもらえればと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

20190614185712.jpg

20190614185547.jpg

20190614185607.jpg

20190614185629.jpg

20190614185648.jpg

厚生労働委員会「児童虐待防止対策強化法案」質疑

厚生労働委員会「児童虐待防止対策強化法案」質疑
▼続きを読む

 6月13日(木)、厚生労働委員会で質問の機会をいただき、「児童虐待防止対策強化法案」について質問に立ちました。昨年の東京都目黒区の事件、今年に入り千葉県柏市の事件、そして本法案を国会で審議中に北海道札幌市で痛ましい事件が起きてしまいました。

 今日の質疑では、児童相談所の体制強化、「48時間ルール」を徹底するため業務改善の必要性とスタッフの増強、全国共通ダイヤル「189」の接続の問題、児童相談所と警察との連携強化と対応能力の向上、学校での虐待予防と発見の重要性など、政府の姿勢と対応策について見解を求めました。

 児童虐待は早急に解決すべき問題であり、子どもの命と権利は社会全体で守らなければなりません。児童相談所の数、児童福祉司の増員をはじめ虐待防止対策の抜本的な強化が図られるよう、引き続き取り組んでまいります。

 中央労福協から来年度に向けた政策制度に関する要請。格差の是正、貧困のない社会に向けたセーフティネットの強化、ディーセント・ワークの確立、安心・信頼できる社会保障の構築等々、多岐に渡る項目についてご説明いただきました。

20190613193517.jpg

20190613193541.jpg

20190613193603.jpg

20190613193643.jpg

20190613193703.jpg

(委員会提出資料)

資料①虐待対応協力員の職務・資格.pdf

資料②共通ダイヤル「189」の接続率.pdf

資料③児童虐待 出頭要求から捜索までの流れ.pdf

資料④学校での早期発見と初期対応の推.pdf

本会議、質問レクなど

本会議、質問レクなど
▼続きを読む

 6月12日(水)、午前中は国対役員会、議員総会、本会議と続き、「WPL(女性政治指導者)サミット2019」日本実行委員会の役員会に出席。WPLサミットは6月25日から27日までアジア初開催となります。私もいくつかある分科会の中で「Society5.0で豊かさの実現」をテーマに参加する予定です。

 明日の厚生労働委員会「児童虐待防止対策強化法案」の質問に向け事前レク。虐待により子どもの命が奪われる痛ましい事件が後を絶ちません。虐待の根絶に向け、国として取り組みを強化すべき課題について議論したいと思います。

(厚生労働委員会)

 日時:2019年6月13日(木)

 質問:14:30~15:00(30分)

 内容:児童虐待防止対策強化法案

 お時間ある方は、ぜひ参議院インターネット中継をご覧ください。

 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 

 よろしくお願いします。

20190612184040.jpg

20190612183818.jpg

20190612183858.jpg

 連合長野の皆さんが衆議院の見学に来られており、事務局女性スタッフと電機連合加盟組織の方にご挨拶。今後ともよろしくお願いいたします。

20190612183736.jpg

内閣委員会 一般質疑

内閣委員会 一般質疑
▼続きを読む

 6月11日(火)、内閣委員会が開かれ「企業主導型保育事業と子ども貧困対策」をテーマに一般質疑があり質問に立ちました。

 保育に関する質問では事業所内保育事業の助成金制度の打ち切り問題を取り上げ、企業主導型保育事業への切り替えができるよう運用の改善を担当大臣に強く要請しました。子どもの貧困対策については学校におけるスクール・ソーシャルワーカーの役割が重要であり、子どもたちへのきめ細かい支援体制の確立のために、さらなる増員を要請するとともに、貧困家庭に対しては教育的支援にとどまらず、現物給付的な生活支援にも重きを置くべきと訴え、政府の見解を求めました。

 質疑終了後、議員立法「子どもの貧困対策推進法改正案」を全会一致で可決、改正案の基本理念には「現在の子どもの貧困の解消」ということが明記されました。今後、貧困世帯への生活・就労・経済的支援の充実が着実に進むよう注視してまいります。

 大阪府・大阪市から来年度に向けた国の施策・予算に関する要望について説明を受けました。国と、住民の皆様に直接行政サービスを提供している地方自治体とが、あらゆる施策の推進において連携を強化することが大切です。さまざまな課題の解決のために取り組みを進めてまいります。

20190611175709.jpg

20190611175734.jpg

20190611175756.jpg

20190611174114.jpg

(委員会提出資料)

資料①事業所内保育施設の種類・助成内容.pdf

資料②中学校数とスクール・ソーシャルワーカー数.pdf

資料③学校プラットフォーム化による教育支援策.pdf

資料④入学・新生活応援給付金の使われ方.pdf

資料⑤子どもの貧困調査「食料」について.pdf

決算委員会 総括質疑

決算委員会 総括質疑
▼続きを読む

 6月10日(月)、本日は総理はじめ全閣僚出席で決算委員会「総括質疑」が行われ、私も決算委員として出席、国民民主党からは大塚耕平議員が質問に立ちました。

 大塚議員は国民的関心が高い「年金」問題を中心に総理、厚労大臣と議論。正直で、現実的な政治をめざす国民民主党として、国民の皆様の年金に対する将来不安を取り除く制度・運用の見直しを今後も提案してまいります。

 採決にあたり、これまでの質疑の中で指摘された予算執行・政策制度面で課題があるものについて、「内閣に対する警告決議」と「措置要求決議」を全会一致で議決しました。来年度の予算編成に反映するよう政府に求めます。

20190610173417.jpg

20190610173438.jpg

20190611074257.jpg

≪ 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月次アーカイブ

ページの一番上に移動します