活動報告

活動報告

電機連合 政治担当者会議、千葉地協労使実務者会議

電機連合 政治担当者会議、千葉地協労使実務者会議
▼続きを読む

 1月30日(月)午後は、電機連合政治担当者会議で浅野さとし衆議院議員とともにご挨拶させていただきました。私からは、政治担当者というと選挙担当というイメージが付きまといますが、決してそうではなく、「職場組合員の暮らしに纏わる様々な悩みや困り事の解決に向けて動いてもらえる担当であってほしい」こと、「そのためには、私たちにとって最も身近な地域課題を受け止めてくれる組織内議員が必要であること」をお伝えし、春の統一地方選に向けた意思結集を図りました。

20230131124451.jpg

20230131124536.jpg

 夕刻からは、電機連合千葉地協労使実務者会議で講演の機会をいただきました。半導体や脱炭素、デジタル化等の産業政策を中心に電機連合が取り組む政策・制度課題や、私自身も参加している省庁政策担当者との意見交換等の活動経過についてお話ししました。

20230131124831.jpg

20230131124846.jpg

 今日は、岡野純子 浦安市議会議(国民民主党千葉県第5区総支部長、衆議院議員選挙千葉5区公認候補予定者)がご挨拶に来てくださいました。

20230131124937.jpg

加盟組合接点強化活動、政策勉強会

加盟組合接点強化活動、政策勉強会
▼続きを読む

 1月27日、午後から衆議院議員会館にて国会見学に来られた三菱電機労組三田支部の皆さんとの意見交換会へ。冒頭に私から議員活動6年間の振り返りと気づきについてお話ししました。「私たちの納める税や社会保険料に関心を持ち、その使途を決めていくのが政治であること」「働く人の声を組織内議員等を通じて継続して国会や地方議会へ届けることの必要性」「皆が理不尽と感じることに目を伏せず、課題形成し『見える化』して声を上げ続ければ、国、政府は動くこと」などについてお伝えしました。

20230129071353.jpg

 2グループに分かれた後半の部には、浅野さとし衆議院議員も参加されました。

20230129071430.jpg

 夕刻は電機連合会館に戻り、産業・社会政策に関する勉強会に出席。今回はNPO法人「あなたのいばしょ」大空幸星理事長をお迎えし、同法人の24時間365日無料チャット相談等の取り組みや国の孤独・孤立対策についてお話しいただきました。今国会では「孤独・孤立対策推進法案」の審議が予定されています。「信頼できる人に確実にアクセスできる社会の実現」と「望まない孤独の根絶」を目的としてNPO法人を設立し、 政府にも日本独自の孤独対策を提案された大空さんとの意見交換は、大変有意義なものとなりました。

20230129071531.jpg

20230129071546.jpg

20230129071559.jpg

20230129071618.jpg

20230129071632.jpg

電機連合中央委員会でご挨拶

電機連合中央委員会でご挨拶
▼続きを読む

 1月26日、都内で開催された電機連合第109回中央員会でご挨拶させていただきました。昨年の選挙以来、加盟組合の皆さんが一堂に会する場でのご挨拶は初めてであり、その機会を与えていただいたことに心から感謝しながら今の気持ちをお伝えしました。

 国会議員としての6年間、皆さんの代弁者として国会で活動させていただいた経験は、申し上げるまでもなく貴重な経験であり、私だけのものではないとの思いで、今も要請をいただいた各地、組織でお話をさせていただいています。

 1つは、「6年間の活動で見えたこと、気づいたこと」について。勤労者の私たちが、今の政治状況を傍観者として見て見ぬふりをしてしまうことは、私たち自身の将来に非常に大きなリスクがあります。私が各地を回る中では、今も多くのお声をいただいています。「昨年からの物価高騰、エネルギー高騰で、厳しくなるばかりの家計」「半導体をはじめとする部材不足、モノづくり人材の不足」「行政をはじめ、日本社会のデジタル化の更なる推進」「子育て・教育政策の支援拡充」「年金、介護はじめ、持続可能な社会保障制度」などです。

 たとえ雇用が守れたとしても、この先いつまで、安心して暮らしていくことができるのか、そんな不安に襲われることはないでしょうか。だからこそ現実を直視し、学校では教わらなかった国の仕組みや政治について仲間に伝え続けることが大切だと考えています。

 2つめは、「理不尽に勇気をもって声をあげる、その声を束ねていくことで国は動くこと」です。今週より通常国会がスタートしています。総理所信対する代表質問で、自民党の茂木幹事長が「所得制限を撤廃すべきだと考える」と言及し、話題となっています。実現までには多くのハードルがあると思いますが、大きな前進だと感じています。

 最初にこの所得制限を取り上げたのは、2020年12月の国会審議に遡ります。当時は見向きもされなかったこのワードが、国民民主党の仲間の理解が進んで公約として掲げられることとなり、政党で「所得制限撤廃法案」として国会へ提出しました。兵庫県明石市の泉市長をはじめ自治体議員にもひろがり、先月には小池都知事が取り上げたことでも話題にもなりました。

 この一連の取り組みは、妊婦政策を実現したときと同様のプロセスを辿っています。当事者の課題意識を可視化し、国会に課題提起するとともに、多くの世論の賛同を得られるよう発信し動き続けたこと。諦めずに粘り強く取り組むことで実現に向けた動きが加速されることを痛感しています。

 その他にも未だ道半ばにある政策が多くあります。社会のデジタル化は、デジタル庁ができて1年が経ち、本格的な動きに入ります。半導体政策も一昨年末の国会での論議を踏まえ、ようやく巻き返しに向けて国が投資を含めて官民連携に動き出したところです。脱炭素社会をキーワードに、原子力政策の転換、更なる再生可能エネルギー、省エネの促進など本格的なエネルギー転換が始まります。皆さんと一緒に、現場の声を伝え続けていく活動を継続していかねばならないと考えています。

 私たちの課題意識は、私たちの生活を守るためのものではなく、結果として広く社会課題を解決することにつながっていきます。その自負心をもって、今後も組合運動としての政治活動を推進していかなければならないと思います。

 これから闘争が始まり、労使間で賃上げに向けた本格的な論戦が始まります。先日、山梨を訪問した際に、一人の組合役員の方から声をかけていただきました。「政府が賃上げと号令をかけても、中小企業では原材料費高騰で利益も上がらず、賃上げは、到底難しいです」。現場の本音だと思います。賃上げ交渉をするのは、役員の皆さんですが、交渉できる環境やそのベースをつくるのは政治です。大企業による値上げ抑制への対応、賃上げに見合った法人税減免や、設備投資、研究開発費への補助、または社会保障費の減免など、国が本気で賃上げをというなら、そのベースづくりを国に政府へ求めていかねばならないと思います。

 4月には、私たちの多くの仲間が、全国各地で統一地方選挙に臨みます。私たちの暮らしに、最も身近な地域課題の解決に、そして地方の課題を国会につなぐためにも、私たちの声を代弁する仲間、組織内議員全員の当選が必須です。私もともに戦います。今年も皆さんとともに活動していくことをお誓いし、一言の挨拶とさせていただきます。

20230127113610.jpg

20230127113432.jpg

20230127113454.jpg

三菱電機労連西関西地協役員研修会で神戸へ

三菱電機労連西関西地協役員研修会で神戸へ
▼続きを読む

 1月24日(火)は三菱電機労連西関西地協の役員研修会で講演の機会をいただき、6年間の議員活動の経過、現在取り組みを進めている具体的な政策課題等についてお話ししました。若い労組役員の方も多く、職場組合員の政治に対する関心を高めるための活動についてご質問をいただきました。私からは、日常の組合活動(職場や組合員の困り事や悩み事を聴き相談に乗る、会社と交渉しその結果を職場に伝えるなど)をしっかりと行っていくことが、労組への信頼向上に繋がり、労組としての政治活動への理解、参加と協力を得ることに結びついていくことをお伝えしました。また、選挙は、職場や企業内労使で解決できない課題に取り組むために、私たちの要望を代弁して課題解決(政策実現)に向けて動いてくれる人を議会へ送る手段であり、その重要性をお話ししました。

 その他にも日本では科学技術への予算配分が少なく、とりわけ政府など公的機関からの基礎研究に対する投資を増やしてほしいとの要望もいただきました。通常国会も始まりましたが、引き続き、講演活動などを通じて皆さんに国政を身近に感じていただく活動に注力して参ります。

20230125095930.jpg

20230125100337.jpg

20230125100055.jpg

20230125100110.jpg

電機連合山梨地協、ケイミュー労組で講演

電機連合山梨地協、ケイミュー労組で講演
▼続きを読む

 1月19日午後から山梨へ移動し、電機連合山梨地協全役職員研修会で講演。web併用のハイブリッド形式でしたが、7割近くの方が会場に参集され、懇親会でも各テーブルを回って意見交換をさせていただきました。「中小企業では政府が号令をかけても賃上げの環境が整わず、厳しい状況が続いている」「引き続き半導体産業の競争力強化のための政策を推進してほしい」「出産・子育ての経済的負担は大きく、所得制限撤廃など支援策の拡充を進めてほしい」など、皆さんの切実な声をしっかりと受け止め、今後の活動に活かして参ります。

 1月20日は東京へ戻り、午後から都内で開催されたケイミュー労組組織強化センター会議で講演。2時間にわたり皆さん熱心にお聴きいただき、多くの方々との意見交もを行うことができました。ありがとうございました。

<電機連合山梨地協全役職員研修会>

20230120125725.jpg

20230120125540.jpg

20230120114826.jpg

20230120114840.jpg

20230120114853.jpg

20230120114906.jpg

<ケイミュー労組研修会>

20230120182726.jpg

20230120182753.jpg

20230120182806.jpg

≪ 前 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月次アーカイブ

ページの一番上に移動します