活動報告

活動報告

三菱電機労連西関西地協役員研修会で神戸へ

三菱電機労連西関西地協役員研修会で神戸へ

 1月24日(火)は三菱電機労連西関西地協の役員研修会で講演の機会をいただき、6年間の議員活動の経過、現在取り組みを進めている具体的な政策課題等についてお話ししました。若い労組役員の方も多く、職場組合員の政治に対する関心を高めるための活動についてご質問をいただきました。私からは、日常の組合活動(職場や組合員の困り事や悩み事を聴き相談に乗る、会社と交渉しその結果を職場に伝えるなど)をしっかりと行っていくことが、労組への信頼向上に繋がり、労組としての政治活動への理解、参加と協力を得ることに結びついていくことをお伝えしました。また、選挙は、職場や企業内労使で解決できない課題に取り組むために、私たちの要望を代弁して課題解決(政策実現)に向けて動いてくれる人を議会へ送る手段であり、その重要性をお話ししました。

 その他にも日本では科学技術への予算配分が少なく、とりわけ政府など公的機関からの基礎研究に対する投資を増やしてほしいとの要望もいただきました。通常国会も始まりましたが、引き続き、講演活動などを通じて皆さんに国政を身近に感じていただく活動に注力して参ります。

20230125095930.jpg

20230125100337.jpg

20230125100055.jpg

20230125100110.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ