活動報告

活動報告

Panasonic草津工場へ視察

Panasonic草津工場へ視察

 本日12月26日(月)朝から滋賀へ移動し、Panasonicの草津工場へ。
世界初の純水素型燃料電池を活用した実証施設「H2 KIBOU FIELD」を視察させていただきました。
ジャーナリストの田原総一朗さんのご要請を受け、国民民主党の玉木代表、党のエネルギー調査会長の浅野さとし衆議院議員、地元の斎藤アレックス衆議院議員とともに訪問しました。
 草津工場は、家庭用燃料電池「エネファーム」の工場で、工場近くに設置した自社製の純水素燃料電池(5キロワット)99台と太陽光発電設備(570キロワット)、蓄電池(1.1メガワット時)を組み合わせ、全ての時間帯で電力を「地産地消」で行う、実証実験工場であり、水素を本格活用した工場の再エネ化は世界初。
2050年のカーボンニュートラルに向けて、新たなエネルギー活用の事例を学ぶ機会となりました。
 その後、Panasonic草津地区の組合役員の皆さんと懇談させていただき、水素供給のあり方、高等教育における奨学金の課題などについて、意見交換いたしました。
 夕刻からは、国民民主党の滋賀県連と合流し、草津駅前で街宣活動を行いましたが、寒い中、遠方からも含め、多くの支援者の方々にお集まりいただき、私からも政府の示す子育て予算倍増に向けた子育て支援策の必要性について、お話しさせていただきました。

20221226202639.jpeg

20221226202705.jpeg

20221226202729.jpeg

20221226202755.jpeg

20221226202828.jpeg

20221227103704.jpg

20221227103758.jpeg

滋賀県草津駅前にて街宣活動

20221226202944.jpg

20221226202959.jpg

20221226203025.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ