活動報告

活動報告

経済産業委員会(連合審査会)で質疑

経済産業委員会(連合審査会)で質疑

 午前は、経済産業委員会(内閣委員会との連合審査)での「経済安全保障推進法案」の審議に臨みました。私からは下記の項目について質疑を行いました。

 ①半導体原材料の安定的確保

 ➁サプライチェーン把握のための調査における課題

 ③正念場に立たされている高性能蓄電池の開発

 ④セキュリティ・クリアランスの制度準備

 ➄人材・情報流失への対策強化

20220426203603.jpg

 ①では、TSMCの国内立地に期待が寄せられているが、人材確保の問題や工場稼働までに市況が変化するリスク、わが国の半導体産業に本当に恩恵をもたらすのかなど、懸念する声が多いことを述べ、また、一方でレアアース・レアメタル、ロシアに依存する希ガスなど半導体の原材料確保について、新法によりどの程度安定的な供給が図れるのかを問いました。加えて、国内製造拠点への設備更新等補助金の拡充を強く求めました。

 ②では、調査対象の原材料情報は企業機密に類するものであり、その提供が企業にとって重荷であることを述べた上で、政府がどのように企業の協力を得て、その情報を基にどのような支援を行うのか、問いました。

20220426203657.jpg

 ③では、国内外で開発競争が激化している全固体電池など次世代蓄電池について、わが国にとっては今が正に正念場であり、海外勢に後れを取らないよう研究開発から社会実装までに必要な膨大な資金をスピード感をもって政府の政策により強力に支援していくことを求めました。

20220426203758.jpg

 ④では、企業や研究機関の研究者・技術者より、セキュリティクリアランスの資格制度創設を求める声が高まっており、政府の今後の導入スケジュールを確認しました。

 ⑤では、人材の海外流失に伴う情報漏洩により海外企業に市場を奪われるケースが後を絶たないことから、現行の「不正競争防止法」に基づく対策には限界があること、さらに踏み込んた対応が必要であることを主張しました。

 ※ご参考(配布資料)

20220426203837.jpg 

 委員会終了後、「子ども基本法署名キャンペーン」主催の院内集会「子ども基本法で子どもが大事にされる社会を」に参加。学習院大学教授秋田喜代美氏、日本大学教授末冨芳氏の講演に続いて、参加の与野党国会議員とともに私からもアピールを行いました。

20220426192227.jpg

 本日の「やたわカフェ」は、全国生命保険労働組合連合会のオンライン・ミィーティングで意見交換。生保労連の産業政策課題との関わりについて、生保関連税制の充実に向けた税制改正要望の取り組み等をお話ししました。

20220426204531.png

20220426204601.png

 夜は、私が政策応援サイト「PoliPoli」に掲載している政策課題「子育て支援策の所得制限撤廃を!」についての意見交換が、ツイッター・スペースで開催されました。「子育て支援拡充を目指す会」の代表の方も参加、子育て・教育支援の政策的理念やその在り方について多くの参加者からご意見ご要望をいただきました。

 朝日新聞からも「子育て・教育支援策における所得制限問題」について取材を受けました。日増しにこの問題を取り上げるマスメディアが増えており、世論の高まりを実感しています。

20220426192319.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ