活動報告

活動報告

都民ファーストの会との意見交換会の後、大阪へ

都民ファーストの会との意見交換会の後、大阪へ

 本日午前は、国民民主党国会議員と都民ファーストの会東京都議団との意見交換会が開催されました。まず、内閣府と厚生労働省より、新型コロナウイルス感染に関し、オミクロン株の感染状況、ワクチン3回目接種の準備状況、治療薬の配布状況について説明があり、これを受け、都議や国会議員から詳細の説明を求めました。

 続いて、コロナ禍における女性の失業、自殺の現状と対策について、政府側より説明があり、都議より、非正規労働など賃金差別の禁止の必要性、女性の職業訓練のあり方などの意見が出されました。私からは「婦人保護事業・相談事業」が機能しておらず、女性に寄り添った対策の強化を求めました。

 次に内閣府より、子育て世帯への10万円給付の実施方法の説明を受けましたが、都議の皆さんからは、所得制限に対する都民の不満が強いことが報告されました。私からは、児童手当の特例給付の所得層を対象にすべきことと、対象外の世帯に対する地方創生臨時交付金の活用とその把握の必要性を訴えました。

 この後、国会議員と都議との意見交換を行い、女性の活躍政策に関してデジタル人材の育成が課題になりましたが、ウェブデザイン科目など公的職業訓練の拡充が必要性であることを訴えました。

20220113201931.jpg

20220113202118.jpg

 午後は大阪へ移動。本日はシャープ株式会社の労使を訪問させていただきました。日頃の御礼を申し上げ、直近の国政状況についてご報告し、また、産業政策等について意見交換をさせていただきました。ご多用の中、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。続いてシャープ労組堺支部を訪問し、ご挨拶させていただきました。

20220113201209.jpg

20220113201234.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ