活動報告

活動報告

国会質疑に向けた準備とオンライン国政報告

国会質疑に向けた準備とオンライン国政報告

 臨時国会は、今週から衆参両院で予算委員会が開かれ、補正予算等に関する審議が行われています。本日は衆議院予算委員会で国民民主党玉木代表が質疑を行いました。政府の経済対策「18歳以下の子どもへの10万円相当給付」に対しては、「所得連動型の課税条件付き一律給付」を対案として、給付の迅速性と公平性を両立させた政策提案を行いました。衆議院では明日も予算委員会が開催され、補正予算に関する採決が行われます。一方、参議院では明後日から予算委員会が開催され、衆議院と同様に補正予算等の審議が行われます。

 来週からは今国会から私が所属する経済産業委員会も開かれ、経済安全保障と産業競争力強化に向けた関連法案の審議などが行われる予定です。本日午後は参議院経済産業委員会調査室と打ち合わせを行い、審議予定の法案の課題等について意見交換を行いました。

 本日の電機連合「やたわカフェ」では、ファナック労働組合「女性委員会」、電機連合関東ブロック「ニューリーダーセミナー」、パナソニックデバイス労組「対話会」、ご挨拶と国政報告の機会をいただきました。本日も参加者からは、「18以下の子どもへの10万円相当給付」のあり方や、保育士・介護職の処遇改善の進め方など、今回の政府の経済対策に関する質問が相次ぎました。産業政策に関しても、半導体産業や次世代蓄電池の開発・生産に対する政府支援のあり方などに関する意見が出されました。日増しに参加者の皆さんの政治への関心の高まりを感じています。来週の委員会質疑で皆さんの声をしっかりと政府に伝えて参ります。ありがとうございました。

20211214222405.jpg

<ファナック労組の皆さん>

20211214223118.png

<電機連合関東ブロックの皆さん>

20211214223207.png

<パナソニックデバイス労組の皆さん>

20211214223243.png

20211214223304.png

20211214223357.png

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ