活動報告

活動報告

臨時国会召集

臨時国会召集

 第207回臨時国会が召集されました。会期は21日までの16日間となり、本日は午前に議席指定、特別委員会設置等の諸手続きがあり、午後は天皇陛下をお迎えして開会式が行われた後、衆参両院で内閣総理大臣の所信表明演説と財務大臣の財政演説が行われました。今後は衆参両院で代表質問が行われ、参議院は10日午前の最後に国民民主党・新緑風会を代表して小林会長が登壇します。ぜひご注目ください。

20211206192615.jpg

20211206192651.jpg

20211206193609.jpg

 夕刻は、内閣総理大臣の所信演説の後に、党の両院議員総会が開催され、国会議員に支給されている文書通信交通滞在費(文通費)の使途公開を義務付けることなどを含んだ法案、揮発油税などを減税する「トリガー条項」の凍結を解除する法案を日本維新の会と共同提出したことを確認しました。また、臨時国会においては、本会議の代表質問や予算委員会を通じ、二つの法案対応やコロナ感染対策の他、人口変動に対応した衆議院選挙の的確な区割りや国会改革などについて政府を追及するとともに、積極的に政策提言していく方針を確認しました。

20211206192721.jpg

 議員総会に引き続き、党の新型コロナウイルス対策本部会議が開催され、内閣府や厚生労働省から感染状況・ワクチン接種状況の報告を受けました。特に新たな変異株であるオミクロン株についての感染状況や防疫体制について、各議員から政府の対策を正す質問が行われました。私からは、中国などから年末・年始や春節時に帰国して日本でワクチン接種を希望する駐在員などには、1月上旬で接種を打ち切るのではなく、延長してほしいと重ねて要望するとともに、1日3,500人の入国受け入れ枠に十分に対応できるよう、宿泊施設の確保・整備を求めました。

20211206193410.jpg

 本日も電機連合「やたわカフェ」で、富士通労組「組合員向け意見交換会」、住友電工デバイス・イノベーション労組「機関要員研修会」で国政報告の機会をいただきました。本日午前に法案を共同提出した日本維新の会との関係についても、ご質問をいただきました。考え方が近い政策の実現や法案提出などでは、今後も国会運営において連携できるところでは連携することを党内でも確認していることをお伝えしました。

20211206185801.jpg

20211206200318.png

20211206200451.png

20211206200614.png

20211206190114.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ