活動報告

活動報告

政治分野における男女共同参画推進と議員連盟活動の再開

政治分野における男女共同参画推進と議員連盟活動の再開

 先の衆議院選挙で当選した465人の議員のうち、女性が占める割合は9.7%でした。2012年に7.9%まで低下した衆議院の女性議員比率は、2014年、2017年と上昇を続け、10.1%まで回復したところでした。先の衆議院選挙で、小選挙区と比例代表に立候補した1,051人のうち女性は186人(17.7%)で、4年前の前回選挙時とほぼ変わっておらず、女性候補者の割合を高める取り組みにも課題を残しました。本日は、この結果を踏まえ、超党派の「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の活動再開と今後の進め方について、議連事務局長として会長(中川正春衆議院議員)との打ち合わせを行いました。

20211116205959.png

 本日も電機連合「やたわカフェ」で、富士通労組ソリューショングループ京浜地域「職場代表研修会」、シンフォニアテクノロジー労組豊橋支部「国政報告会」、新光電気労組「機関要員研修会」、そして弘前航空電子労組、日本航空電子労組、山形航空電子労組の「合同中央委員・職場委員会」の各々において国政報告の機会をいただきました。参加者からは、政府の少子化対策へのご意見ご質問を多くいただきました。私からは、社会全体で子育てができる環境づくりのために政治が果たすべき役割について、また、国民民民主党が公約に掲げている子育て支援、教育政策等についてお話しさせていただきました。

20211116212216.jpg

20211116214432.png

20211116214700.png

20211116214616.png

20211117094649.png

<会議の合間にホッと一息>

オンライン会議の合間、議員会館12階からの風景。そして昼食は会館内の食堂で定食「いわしの天ぷら梅肉ソース」。

20211116212355.jpg

20211116212410.jpg 

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ