活動報告

活動報告

アルプス技研労組国政報告会

アルプス技研労組国政報告会

 本日はアルプス技研労働組合の皆さんから国政報告の機会をいただきました。前段の定期大会から引き続いて開催いただき、67名の執行部・代議員の皆さんとオンラインで繋げ、質疑応答も含め約1時間お話しさせていただきました。

 ご要望のあった新型コロナ対策関連の報告では、都市部を中心に猛威を振るう変異株(デルタ株)による感染急増や逼迫する医療の現状についてご説明し、一昨日の議院運営委員会の質疑でも触れたように、今のこの危機的状況を社会全体で認識として共有しなければならないことをお伝えしました。昨日も東京の新規感染者数は初めて4千人を超え、全国でも1万2千人を超えて、いずれも過去最多を更新し続けています。早急に国会を開き、特措法改正等による新たな対策を講じなければなりません。

 参加者の皆さんからは、若者のワクチン接種など新型コロナ対策関連の課題、派遣労働者の現状と労働者派遣法に関する課題、週休3日制と働き方改革の論議の進捗など、多岐にわたるご意見ご質問をいただき、大変充実した意見交換をさせていただくことができました。ありがとうございました。しっかりと受け止め、政策立案など今後の国会活動に活かして参ります。今後もぜひ皆さんの声をお聞かせください。

20210801145305.jpg

20210801145326.jpg

20210801145346.jpg

20210801145405.jpg

20210801145424.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ