活動報告

活動報告

「黒い雨」訴訟原告団・弁護団からの要請

「黒い雨」訴訟原告団・弁護団からの要請

 広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を広範囲に浴びて健康被害を受けた住民の方々が訴えた裁判で、7月14日広島高等裁判所は、原告全員を被爆者と認める判決を出しました。原告団・弁護団はこの判決を受け、広島県・広島市に対し最高裁判所へ上告しないよう申し入れをされました。本日、同訴訟の原告団・弁護団の皆さんが国会へお越しになり、各政党への要請行動を行われ、私も党所属議員とともにこの要請をお受けいたしました。原爆投下から76年が経過し、被爆者の高齢化が進む中、被爆された皆さんに寄り添う政治的決断と救済拡大が求められています。

20210716204941.jpg

20210716205000.jpg

 本日もご支援いただいている各労働組合の定期大会でのご挨拶が続きました。シャープ労組、パイオニアグループ労連、日本無線労組の各大会で日頃のご支援に対するお礼とともに、来年の参議院議員選挙に向けた決意をお話しさせていただきました。また、全電線加盟の東京特殊電線労組「シニアセミナー」では国政報告の機会をいただきました。今後もオンラインを活用して可能な限り多くの皆さんと繋がり、国政の現状や課題についてお話しさせていただきたく存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。

20210716205118.jpg

20210716205146.jpg

20210716205219.jpg

20210716205256.jpg

20210716205332.jpg

20210716205526.jpg

追伸)7月15日(木)の内閣委員会(閉会中審査)の質疑内容動画は、7月19日(月)にこちらホームページやたわかチャンネルにてアップいたしますので、どうぞご覧ください。

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ