活動報告

活動報告

参議院「重要施設土地利用規制法案」が可決

参議院「重要施設土地利用規制法案」が可決

 6月15日(火)会期末を明日に控え、野党4党は、政府・与党が会期延長に応じない方針を決めたことから内閣不信任決議案を国会に提出することを決めました。午後の衆議院本会議で提出された同決議案は与党側の反対多数により否決されました。

 夕刻になり開かれた参議院本会議では、野党2党が提出した内閣委員会委員長の解任決議案の採決が行われ、反対多数により否決されました。その後、本会議は休憩に入り、引き続いて内閣委員会理事会が開催され、今後の審議スケジュールに関する協議が行われました。

20210615213351.jpg

20210615230748.jpg

 夜遅くに内閣委員会が開かれ、昨日に引き続いて「重要施設土地利用規制法案」の審議が行われました。私からは、①注視区域の住民への事前説明の必要性、②市ヶ谷地区(防衛省)を注視区域にする必要性、③「外為法」と連動した土地所有規制、④勧告・命令の実施状況に関する国会への年次報告について大臣に質問を行いました。審議終了後に討論・採決が行われ、私からも会派を代表して法案の賛成討論を行いました。

20210615230648.jpg

20210615230705.jpg

 深夜に再開された参議院本会議では、冒頭、野党より議院運営委員長の解任決議案が出されましたが反対多数で否決され、再び休憩になりました。再開後、「重要施設土地利用規制法案」の採決が行われ、私も採決の前に会派を代表して賛成討論を行いました。採決の結果、同法案は賛成多数で可決され、与野党の激しい攻防が繰り広げられた今国会最終盤の長い一日が終わりました。

20210616024155.jpg

20210616024220.jpg

20210616024234.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ