活動報告

活動報告

憲法審査会で国民投票法を審議

憲法審査会で国民投票法を審議

 5月26日(水)午前は本会議が開催され「産業競争力強化法一部改正法案」の趣旨説明・質疑が行われました。国民民主党・新緑風会からは礒﨑哲史議員が質疑を行いました。また、「改正地球温暖化対策推進法」等の採決が行われ、全ての法案が可決されました。本会議終了後は党の両院議員総会に出席。本日は都議選や衆院選に向けて党が製作したユニフォームを着用して会議を行いました。

 午後は憲法審査会に出席。今回から「国民投票法の改正」に関する具体的な質疑に入り、私からは①最低投票率の議論の経過と見解、②CM規制・運動資金規制のあり方、③電子投票の導入の促進、④遠隔地居住者への便宜供与について質疑を行いました。とりわけ①は、近年の国政選挙投票率が低下傾向にあることを踏まえれば、国の基本法の改正が一部の国民の信任だけで決定されることは問題です。②は、国民投票運動における資金の差が及ぼす影響は大きく、一定の規制が必要です。③④は、インターネット投票のメリットは大きく、衆議院の修正においても「国民投票に関するインターネット投票の適正な利用の確保を図る方策」が挙げられています。遠隔地に住む学生や単身赴任者には投票の便宜を図る必要があります。国民投票は通常選挙のように有権者の居住地代表を選ぶものではなく、例えばマイナンバーを活用すれば全国どこででも投票が可能なシステムを構築できるはずです。

 審査会終了後は、明日の内閣委員会で質疑を行う内容に関して、オンラインで省庁の担当者に説明を行いました。明日は、昨日の委員会で趣旨説明が行われた「障害者差別解消推進法改正案」関する質疑が行われます。私の質疑時間と内容については下記の「お知らせ」をご参照ください。

 <お知らせ>

 明日の参議院内閣委員会で質疑に立ちます。ぜひご覧ください。

<参議院内閣委員会>

◆日 程:2021年5月27日(木)

◆時 間:12:15~12:40(25分)

 ※時間は前後する可能性がありますので予めご了解ください。

◆内容:「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の一部改正する法律案」

 ①定義の困難性の問題

 ②障害がある女性への差別への対応

 ③視覚障害者の就労等に対する支援

 ④障害者の就労支援における差別問題

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓CLICK!

参議院インターネット中継(終了後の録画動画もあります)

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

20210526185433.jpg

20210526185452.jpg

20210526185509.jpg

20210526185530.jpg

20210526185553.jpg

20210526185706.jpg

20210526185726.jpg

20210526185743.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ