活動報告

活動報告

内閣委員会「子ども・子育て支援法及び児童手当法改正案」質疑

内閣委員会「子ども・子育て支援法及び児童手当法改正案」質疑

 5月18日(火)朝は党の政調部会で「政治分野における男女共同参画に関する法律改正案」(議員立法)に関する協議が行われ、私から改正案の内容について説明させていただきました。この案件は、約1年半前から私が事務局長を務める超党派の議員連盟の取り組みとして進めてきた内容であり、本日は最終の取りまとめに向けた論議となりました。協議の上、全会一致で賛成となり、本日夕刻の議員連盟総会にこの結果を報告することとなりました。

 その後、内閣委員会へ。本日は「子ども・子育て支援法及び児童手当法の一部改正案」に関する参考人質疑、一般質疑が行われました。午前の参考人質疑では、①児童手当や児童扶養手当の支給のあり方(所得に応じた段階的支給)、②子育て支援の給付と負担のバランス等についてご意見を伺いました。午後の一般質疑では、①所得制限と年少扶養控除・特定扶養控除の問題、②所得に応じた段階的な手当の方向性、③多子世帯への見直しの方向性について質疑を行いました。とりわけ②では現状の様々な子育て支援公的給付の制度設計上の問題点を挙げながら、トータルパッケージとして一貫した思想に基づく給付体系のあり方が必要であることを坂本少子化対策担当大臣に問いました。(質疑の様子は後日、「やたわかチャンネル」に録画をアップいたします。ぜひご覧ください。)※ご参考:本日の資料.pdf

 夕刻は超党派の「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の総会が開催されました。本日は改正案に関する各党の協議結果について報告いただき、法案提出に向けた最終の取りまとめを行いました。

20210518191036.jpg

20210518191057.jpg

20210518191221.jpg

20210518191257.jpg

20210518191314.jpg

20210518191333.jpg

20210518191356.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ