活動報告

活動報告

西奥羽地協、宮城地協における新年挨拶・国政報告、国民民主党・新型コロナウイルス対策本部ほか

西奥羽地協、宮城地協における新年挨拶・国政報告、国民民主党・新型コロナウイルス対策本部ほか

 1月8日(金)、本日、国民民主党の第11回新型コロナウイルス対策本部の総会が開かれ、政府より「新型インフルエンザ特措法改正の論点」、「緊急事態宣言の対処方針」、「出入国管理における感染対策」、「大学・高校受験における感染症対策・追試内容」、「雇用調整助成金の延長問題」などについて説明を受けました。ここでは私より、「雇調金の延長措置を早く決めてもらわないと、経営的に厳しい企業は解雇に踏み切る恐れがあること」と延長の早期決定を要請しました。この後、本日午後に開催される「新型コロナウイルス対策政府・与野党連絡協議会」において新型インフルエンザ特措法改正に関する党としての意見について協議しました。(合意された内容は別紙のとおり)

 午後からは、山井和則衆議院議員より、議員立法「子どもの貧困給付金法案」(通称)について、ご説明をいただき、意見交換を行いました。

 さらに、電機連合の西奥羽地協「議案オルグ・スキルアップセミナー」と宮城地協「常任幹事会・労働代表者合同会議」にリモートで出席し、新年のご挨拶と国政報告をさせていただきました。

参考:特措法改正に盛り込むべき事項.pdf

20210108210409.jpg

20210108210425.jpg

20210108210442.jpg

20210108210649.jpg

20210108210706.jpg

20210108210751.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ