活動報告

活動報告

内閣委員会 科学技術基本法等改正案の質疑

内閣委員会 科学技術基本法等改正案の質疑

 6月16日(火)、内閣委員会が開催され「科学技術基本法等改正案」の審議が行われ、質問に立ちました。1995年の法制定以来、25年ぶりの改正です。①基礎研究への予算確保、②民間事業者の基礎研究への支援、③若手技術者の育成・研究環境への支援、④女性研究者に対する政策推進、⑤日本版SBIR制度の見直しの課題など、政府の見解を求めました。

 また今日は、法案質疑をより充実させるために大倉多美子参考人(日本女性科学者の会・元会長)にもお越しいただき、自然科学系の基礎研究・応用研究の課題や女性研究者への支援体制について、参考人のこれまでのご経験をもとに見解を伺いました。

 なお質疑の様子は、近日中にホームページ「やたわかチャンネル×YouTube」にアップいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

 性被害者支援に取り組む「Spring」の皆さんが国会会期末のご挨拶にお越しいただきました。2017年の刑法改正で積み残された課題、野党が国会に提出している「性暴力被害者支援法案」の早期審議入りなど、引き続き、取り組んでまいります。

参考)

委員会提出資料.pdf

20200616153848.jpg

20200616154014.jpg

20200616154036.jpg

20200616154056.jpg

20200616154118.jpg

20200616154155.jpg

20200616154714.jpg

20200616154745.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ