活動報告

活動報告

妊娠中の医療従事者を守るために厚労省へ要請

妊娠中の医療従事者を守るために厚労省へ要請

 5月15日(金)、議員総会、本会議。年金制度の機能強化のための国民年金法改正案が審議入りしました。短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大、在職中の年金受給のあり方の見直し、受給開始時期の選択肢の拡大などが含まれています。

 今日は、新型コロナウイルス感染症から妊娠中の医療従事者を守るために、妊娠中の医師の方とともに厚生労働省自見はなこ大臣政務官に要請を行いました。これまでに集まった電子署名(約38,000人分)と医療現場で働く妊婦さんの切実なるお声を届け、妊娠中の医療従事者に対し、安全な業務への配置転換や休業措置、また休業補償などについて要請を行いました。

 働く妊婦さんへの配慮措置は、3月26日の国会質疑で取り上げて以降、少しずつ着実に改善はしていますが、職場の理解、社会全体への周知徹底がさらに必要です。

20200515231443.png

20200515190203.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ