活動報告

活動報告

参議院予算委員会 新型コロナ対策について質問!

参議院予算委員会 新型コロナ対策について質問!

 5月11日(月)、参議院予算委員会の集中審議があり、新型コロナウイルス感染症対策関連について質問に立ちました。

 緊急事態宣言が延長される中で、生命と暮らし、経済を守るために、そのバランスを踏まえた出口戦略について、今後の宣言解除にあたっての判断基準は? 最終的な出口へ向けた方針は? また野党から提案しているコロナの影響でアルバイトが減り経済的に困っている学生や、ひとり親家庭の子どもへの経済的支援、中小・小規模事業者への家賃支援、地方への交付金の拡充を含めた第二次補正予算案の早期編成など、その対応について総理に見解を求めました。

 また働く者・生活者の視点で、休業に伴う雇用調整助成金、小学校休校等助成金の上限の引き上げや申請方法などの課題、妊婦の休業補償対策や里帰り出産への環境整備、子どもの虐待対策や学校休校に伴う教育格差の問題などについて、担当大臣に見解を質し議論しました。

 

 自粛休業要請が長期化する中、国民の暮らしや経済活動を巡ってさまざまな課題が積み残されており、深刻化しています。スピード感を持って必要な対策を打つべきと考えます。引き続き、具体的な提案を続けてまいります。

 なお本日の質疑の様子は、近日中にホームページ「やたわかチャンネル×YouTube」にアップいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

(参考)

 20200511委員会提出資料.pdf

20200511160913.jpg

20200511160250.jpg

20200511160615.jpg

20200511160315.jpg

20200511160413.jpg

20200511160639.jpg

20200511160700.jpg

20200511160720.jpg

20200511160741.jpg

20200511160803.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ