活動報告

活動報告

母健管理措置指針を改正 感染不安の妊婦への対応を事業主に義務付け

母健管理措置指針を改正 感染不安の妊婦への対応を事業主に義務付け

 「男女雇用機会均等法」には、妊婦さんに対する事業主の健康保持義務が課せられていますが、本日、厚生労働省が新たな告示を出し、「新型コロナウイルス感染への心理的ストレス」についても、医師の指導(母性健康管理指導事項連絡カードによる)があった場合、事業主は妊婦への作業制限、出勤制限などの必要な措置を講じなければならないことになりました。詳しくは、写真を参照して下さい。

 また、この妊婦さん対策に関する新たな政府の対応が、これまでの要請行動の成果として実現したことを、玉木代表、平野幹事長、泉政務調査会長に報告しました。

20200501192703.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ