活動報告

活動報告

内閣委員会 一般質疑

内閣委員会 一般質疑

 4月16日(木)、今日は内閣委員会が開かれました。一般質疑で25分間、これまで集中的に取り組んでいる「働く妊婦さん」への対策について厚労省と少子化担当大臣に政府見解を求めました。特に、緊急事態宣言が発出されている地域では、妊婦の出勤停止、同居家族への配慮などを要請し、少子化対策の視点でも、この緊急時における働く妊婦さんへの対応は、国の重要な政策課題であると訴えました。また今、里帰り出産を予定している妊婦さんが地方での出産を断られるケースが出ています。今後、感染症拡大の影響で、出産難民が出ないよう政府には適切な対策を講じるようお願いしました。

 外出自粛や学校の休校に伴い、これまでの日常が失われる中、家庭内暴力や児童虐待が増えていることが報告されており、予算措置も含めたDV防止・児童虐待防止対策の強化を求めました。その他、カジノ管理委員会の体制縮小、教育分野のICT活用の推進など政府の姿勢を質しました。

 なお本日の質疑の様子は、近日中にホームページ「やたわかチャンネル×YouTube」にアップいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

本日の委員会提出資料.pdf

20200416164251.jpg

20200416164952.jpg

20200416164330.jpg

20200417101223.jpg

20200416164131.jpg

20200416164208.jpg

20200416164636.jpg

20200416164726.jpg

20200416164759.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ