活動報告

活動報告

参議院内閣委員会 大臣所信に対する質疑

参議院内閣委員会 大臣所信に対する質疑

 3月10日(火)、予算委員会で公聴会が開催されましたが、同時刻に、内閣委員会で大臣所信に対する質疑があり、質問に立ちました。

 内閣委員会は所管大臣が多いことから政策課題もさまざまです。今日はテーマを絞り、①新型コロナウイルス感染症が及ぼす経済への影響と今後の対策、②カジノを含むIR事業の今後、③学校一斉休校による学童保育、ファミリー・サポート・センター事業、ベビーシッター事業の課題、④地方議会での女性の通称使用・住所の公開、女性模擬議会の活性化などを取り上げ、政府の取り組みについて見解を質しました。

 夜は、党本部の企画で「選択的夫婦別姓制度」をテーマに、団体の代表者と玉木代表も含めディスカッションを行いました。急遽、規模を縮小し、ネット配信をメインとし、ニコニコ動画では2000人を超える方々に視聴していただきました。選択的夫婦別姓制度の導入は、マスコミの世論調査でも「賛成」の割合が増えています。早期実現に向け、関係者の皆様と連携し、取り組んでまいります。

20200310202701.jpg

20200310202732.jpg

20200310202812.jpg

20200310202843.jpg

20200310202904.jpg

20200310202929.jpg

20200310203007.jpg

20200310203306.jpg

20200310203245.jpg

提出資料①.pdf

提出資料②.pdf

提出資料③.pdf

提出資料④.pdf

提出資料⑤.pdf

提出資料⑥.pdf

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ