活動報告

活動報告

10/5(木)連合組織内議員懇談会

10/5(木)連合組織内議員懇談会

10/5(木)は、「連合組織内議員懇談会」に出席をいたしました。

日本労働組合連合会は、10月4日・5日に第15回定期大会を開催し、向こう2年間の活動方針と新役員体制を決めました。

大会では、冒頭の挨拶で、神津会長は総選挙への対応に触れ、「特定政党への支援を見送る」考えを表明しました。

そして5日の大会終了後に開催された中央執行委員会で「連合の第48回衆議院選挙の対応方針」を確認し、構成組織・地方連合に周知されました。

ここでは、①希望の党との政策協定は、基本政策・理念のすり合わせる情勢にないため締結は見送ること。

②これまで連合として推薦してきた174名の候補者(追加推薦有り)の推薦を継続し、地方連合会はそれぞれの候補者と政策協定を締結すること。

③比例代表については、当選を勝ち取るための必要な方策について、地域の状況を踏えて柔軟に対応すること――などの方針が明示されました。

「連合組織内議員懇談会」においては、大会で確認された連合方針について神津会長などから説明を受けました。

今後も、民進党の方針と連合の方針を踏まえ、電機連合と連携しながら活動して参りたいと思います。

20171005191446.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ