活動報告

活動報告

4/13(木)「介護・仕事の両立」「働く者視点での働き方改革」について質問しました。

4/13(木)「介護・仕事の両立」「働く者視点での働き方改革」について質問しました。

◆10:00~ 内閣委員会

・本日開催されました内閣委員会において、生活者・労働者の立場で「介護・仕事の両立」「働く者視点での働き方改革」について質問しました。政府への主な要請内容は以下の通りです。

1.介護・仕事の両立

(1)介護職人材の確保

・職場のキーマンである介護福祉士の試験内容改正(受験資格要件に450時間の実務者研修が追加)による、働きながら研修を受講するという負担感から、結果、受験者、合格者も大きく減少したとも言われている。絶対的に不足する介護職人材確保に向けた改善策が必要である。

(2)介護職の処遇・職場環境の改善

・全産業平均(30.4万円/月)、介護職平均(21.52万円/月)を比較するとまだまだ低く、民進党は既に改善に向けた議員立法を提出している。段階的にこの差を縮めていくべきである。またロボット技術やIoT技術の活用による職場環境の利便性向上も必要である。結果、介護職の方々と、介護をしながら働く方々の離職抑制につなげていくべきである。

2.働く者視点での働き方改革

・3月末に働き方改革実行計画が示されたが、時間外労働の規制パターンが複雑である。的確な制度運用を進めるためにも、当該労使は勿論、労働者本人の理解が必要である。また、休日労働をした場合においては、時間外労働に含まれないものとなっている。国として改善に向けた取り組みが必要である。

20170413201126.jpg

20170413201627.jpg

20170414203039.jpg

20170414202830.jpg

◆9:20~ 国会対策委員会

◆12:00~ 民進党 待機児童対策PT

1.「待機児童解消に向けての緊急的に対応する施策について」(H28年3/28厚労省)の進捗状況等について政府よりヒアリング

2.その他

20170413194702.jpg

≪ 前の記事 次の記事 ≫

月次アーカイブ